私にとってテレビは非常に重要な存在です

インターネットが発展している今、新聞もそうですが、テレビを視聴する人が少なくなっています。

私にとってテレビは非常に重要な存在です

情報源としてのテレビの役割

ネットが発展した今、テレビを視聴する人が少なくなってきています。チャンネル各局ではスタッフが視聴率を上げようと血眼になっていますが、新聞とともに接する機会が減ってきています。こういう風に言っている私も今となっては見る機会も減ってきていますし、とりわけバラエティ番組に限っては全くと言っていいほど自発的に見なくなっていきました。ただし、ニュースやワイドショーは見ます。

ネットの情報は驚くべきほど溢れていて、量に関してはテレビや新聞を凌駕するほどです。もっと言えば、ネットは私たちの目に触れない情報まで掲載されていて、自国やメディアを扱う会社の都合の良し悪しで情報統制が頻繁になされない分、優秀です。つまり情報の公平さではトップクラスです。ただし、だからといって万能ではなく、一部では嘘の情報が流れているのも少なくないです。関心事の情報しか見ないというのも問題点として指摘されています。

対して、テレビはとりわけ関心のない情報も流れるので、知識の量が増えます。会話のネタにもなります。テレビは事実を伝えなければならない使命を背負っていますので、ネットのように嘘の情報が流される事態は稀有なことですし、出演者と変わらない立場で物事を考えることが可能です。ネットばかりでなく情報源としてテレビも活用するのも大切です。