私にとってテレビは非常に重要な存在です

私たちは、今も昔も、大のテレビっ子であり、特に主人に関しましては、あきれるほどの大のドラマ好きです。

私にとってテレビは非常に重要な存在です

夫婦2人で、大のテレビ好き

最近の若者たちは、あまりテレビを見なし人が増えているように思っていたのですが、若者たちに限らず、シニア層の人たちも、テレビは見ないということを、耳にして、テレビ離れの傾向にあるように感じています。そこへ行くと、私たちは、今も昔も、テレビっ子で、よく見ている方ではないかと思います。特に主人は、ドラマが大好きなので、2人揃って夕食を食べながら、見ています。最近、私は、見たい番組というか、ジャンルが、少し主人と違ってきていて、ちょっと、ズレを感じるようになってきました。男のくせに、ドラマ好きって、ちょっと恥ずかしいよとか、言うこともしばしばあります。

ほとんど、録画をしていたドラマなどを見るのですが、コマーシャルを早送りをするという行為を、お互いに擦り付け合ったりしています。タイミングが合わないと、ブーイングしたり、性格上なのか、黙って見ていられない私は、ついいろいろと、しゃべって、主人にうるさいと言われるし、それでも、2人で見ていると、安らぐ感じになっているので不思議です。ただ、最近テレビのドラマを見ていて、意気が合うことが、ひとつあることに気が付きました。それは、ドラマの内容としては、面白くないわけではないにですが、知らないうちに、2人とも、眠ってしまうようになっていることです。