私にとってテレビは非常に重要な存在です

テレビ局の友人が結婚式を挙げましたが、映像も司会もプロのクオリティーでとても楽しいものでした。

私にとってテレビは非常に重要な存在です

テレビ局勤務の友人の結婚式

先日テレビ局の友人の結婚式にいってきました。その時の事について記述したいと思います。まず、さすがだなと思ったのが、収入がそれだけいいのか、高級なホテルであげていました。そして、司会も液晶でよく見るアナウンサーがされていました。司会、進行具合もさすがプロだなと感じました。また、祝辞や乾杯の発声をされる人の話も面白い話ばかりでした。世間の人を魅了するものをつくるだけあって、話の内容も人を魅了する内容となっていました。

また、余興もさすがでした。一般的な結婚式であれば、新郎、新婦が自分たちでつくるような事も多いかと思いますが、今回の結婚式では、映像のプロが作っておりまして、テレビで見るような内容でおもしろいものばかりでした。そして、素人では作れないだろうと思えるようなクオリティーのものばかりでした。二次会も司会進行はアナウンサーの方がされており、さすがのクオリティーの進行具合でした。喋ることを仕事にしている人は、さすがに違うなと感じました。また、同期の人の盛り上げ方もさすがで、会場の人がひとつになるような盛り上げ方をしていました。普段の結婚式はお祝いという形で出席することも多いですが、今回は参加して楽しむこともできました。